TOKAIホールディングスの株主優待内容を徹底解説!LIBMOなどがお得に

f:id:libmo:20210301093559j:plain

皆さんは、TOKAIホールディングスの株主優待についてご存じですか。株主優待というのは、企業が株主に対して日頃の感謝の気持ちとして利益から還元し、商品やお食事券などを送る制度です。今回は、26社の事業会社を傘下に持ち、1950年に都市ガス事業を始めて以降、事業を多角化展開し人々の生活に必要なサービスを提供し続けている「TOKAIホールディングス」の株主優待について、そして株主優待で選べるコースの中から「LIBMO」について詳しくご紹介します。

 

 

TOKAIホールディングスの株主優待

TOKAIホールディングスの株を3月末もしくは9月末に100株以上を保有し、株主名簿に記載されている株主は、株主優待を貰える権利を持ちます。なお、実際に株主優待の案内が届くのは、株主優待の権利を得た3ヶ月後です。

TOKAIホールディングスは、2016年の3月期に純利益の100%を株主に還元することに成功し、純利益が予想を上回ったことで年間配当の増配を実現しました。また、2017年3月期には中期経営計画の達成を記念し、日頃の株主への感謝の気持ちとして年間配当を2倍に増配することを実現させています。

2021年2月5日時点でのTOKAIホールディングスの株価は996円で、1株当たりの配当利回りは、2.81%です。

 

お得な優待として雑誌掲載実績あり!

TOKAIホールディングスの情報や株主優待については、日本経済新聞社グループの中にある日経BPが個人向けに発行している金融情報誌の「日経マネー」や、初心者向けの月刊投資情報誌「ダイヤモンド・ザイ」などの情報誌やメディアで紹介されています。

2021年1月21日発売の「日経マネー」では、特集記事「廃止・改悪リスクが薄い「安定優待」19銘柄」に選定され、2020年7月21日発売の「ダイヤモンド・ザイ」2020年9月号の特集「withコロナで持ちたい生活に役立つ優待株」として紹介されました。

 

株主優待で格安SIM「LIBMO」がお得に!

f:id:libmo:20210301093603j:plain

TOKAIホールディングスの株主優待の中には、ドコモの回線を利用して高速LTE通信ができる格安モバイルサービス「LIBMO」の利用割引優待があります。

 

LIBMO(リブモ)とは?

LIBMOの最大の特徴は、必要な回線設備をNTTドコモから借りているので、通信サービスを低価格で提供できる点です。また、格安スマホサービスでありながら大手携帯会社と同じような快適なネット回線が利用できます。さらに契約解除時に発生する解除料は「契約解除料0円プログラム」もしくは「端末購入サポートプログラム」に入っていれば発生しないなど、さまざまなキャンペーンが展開されています。

LIBMOは利用者の用途に合わせて、音声通話やSMS、データ通信が利用できる「音声通話機能付きSIMカード」、SMSとデータ通信が利用できる「SMS機能付きSIMカード」、データ通信のみ利用できる「データ通信専用SIMカード」の3つを提供しています。

 

ここでは各SIMカードのタイプの中でも、「音声通話機能付きSIMカード」の場合の料金プランについてご紹介します。

LIBMOでは必要なデータ容量別に6種類のプランをご用意しています。以下の表は各プランの通常の月額料金一覧です。

 

容量

通常の月額料金

ライトプラン

(最大通信速度200Kbps)

1,180円

3GBプラン

1,580円

6GBプラン

2,180円

10GBプラン

2,980円

20GBプラン

4,680円

30GBプラン

3,480円

※表内はすべて税抜
※30GBプランは30ギガ割適用の場合の料金です

 

なお、LIBMOの利用料は、TOKAIグループの会員サービスに入会している方が利用できるTLCポイントでの支払いも可能です。

 

株主優待利用時の料金

株主優待は、新規でLIBMOに契約する場合も、すでに契約している場合も利用可能です。

ここでは、LIBMOで株主優待を利用した場合にどのような割引がなされるのかと、LIBMOで株主優待を使用する際の申込方法についてご紹介します。

 

LIBMOで株主優待を利用すると、最大6ヶ月の月額利用料金が、株の保有数に応じて割引されます。

割引される対象としては、契約する際の事務契約手数料や基本料金に加え、通話料金やSMS送信料金なども含まれています。

株主優待で割引される金額は、

100株~299株を保有している場合       350円(計2,100円)の割引

300株~4,999株を保有している場合   850円(計5,100円)の割引

5,000株以上を保有している場合          1,880円(計11,280円)の割引

となっています。

なお利用料金が割引料金よりも下回っている場合は、利用料金分が割引されるので実質0円で利用可能です。

 

 

月々の割引額

6ヶ月間の割引合計額

100株~299株

350円

2,100円

300株~4,999株

850円

5,100円

5,000株以上

1,880円

11,280円

※表内はすべて税抜

 

LIBMOの料金プランに当てはめてみましょう。

「音声通話機能付きSIM」の場合、月額1,180円(税抜)のライトプラン、1,580円の3GBプラン、2,180円の6GBプラン、2,980円の10GBプラン、4,680円の20GBプラン、6,580円の30GBプランの6種類を用意しています。

各プラン、株の保有数に応じて以下のような割引額となります。

 

各プランの通常料金と株主優待割引後の料金の比較

音声通話機能付きSIM

ライトプラン

3GBプラン

6GBプラン

10GBプラン

20GBプラン

30GBプラン

通常料金

1,180円

1,580円

2,180円

2,980円

4,680円

3,480円

100株~299株

830円

1,230円

1,830円

2,630円

4,330円

3,130円

300株~4,999株

330円

730円

1,330円

2,130円

3,830円

2,630円

5,000株以上

0

0

300円

1,100円

2,800円

1,600円

※表内はすべて月額料金・税抜
※株主優待料金は利用開始から6ヶ月間適用されます
※30GBプランは30ギガ割適用の場合の料金です

 

株主優待で割引が適用される期間は半年ですが、株主優待は年2回(3月・9月)のため、株主優待を毎度LIBMOに適用することで、常に上記の割引価格でご利用いただくことも可能です。

 

LIBMOの株主優待を申し込む方法

ここでは新たにLIBMOの利用を開始する方が、LIBMOの株主優待に申し込む方法を解説します。

LIBMOの株主優待を利用するには、まず株主コードの取得が必要です。

株主コードを取得するには、証券口座開設後に「(株)TOKAIホールディングス」(証券コード:3167)の株を優待が受けられる100株を下限として購入している必要があります。

なお、利用するLIBMOのプランによっては、割引額が利用料金を上回ってしまう場合もありますので、割引が最大限活かせる株数にする、もしくは株数に応じて利用するプランを選択するように注意しましょう。

 

9月末及び3月末に権利が確定したら、3ヶ月後の12月または7月に案内ハガキが送付されます。送られてきた株主案内の中からLIBMOの株主優待(Eコース)を選んで返送することで、1ヶ月後に株主コードが送られてきます。もし、すでにLIBMOのユーザーとなっている方の場合は、LIBMOのユーザーIDを記入して返送すれば約1ヶ月後に自動的にEコースの割引が適用されます。

 

 

LIBMOのほかにも!TOKAIホールディングスの株主優待各コースをご紹介

f:id:libmo:20210301093606j:plain

TOKAIホールディングスの株主優待は、LIBMOの月額料金の割引が受けられるEコースの他にも4つのコースがあります。

 

【Aコース】TOKAIグループの飲料水宅配サービス関連商品

サービスの内容は、静岡県内で行っているボトル回収型サービス「おいしい水の宅配便」12リットルボトルと、日本全国で行っているボトル使い切り型サービス「うるおん」500mlが株の保有数に応じて貰えます。

▼株の保有数と優待内容

100株~299株                    12リットルボトル1本か500ml12本

300株~4,999株                 12リットルボトル2本か500ml24本

5,000株以上                       12リットルボトル4本か500ml48本

 

ただし、商品を貰うためには、新たに契約して継続利用をしていただける方か、すでに契約されている方が対象になります。また、商品は選ぶことができますが、すでにどちらかのサービスと契約している場合は、契約している商品のみが優待の対象です。

 

【Bコース】QUOカード

QUOカードは全国6万店で利用できるギフトカードで、有効期限がなく広く活用できます。

▼株の保有数と優待内容

100株~299株                    500円分のQUOカード

300株~4,999株                 1,500円分のQUOカード

5,000株以上                       2,500円分のQUOカード

 

【Cコース】TOKAIグループのフレンチレストラン「ヴォーシエル」または鉄板焼き「葵」のお食事券

f:id:libmo:20210301093552j:plain

フレンチレストラン「ヴォーシエル」

ヴォーシエルは、JR静岡駅の葵タワー最上階にあるレストランで、地上110mの天空レストランと言われ、レストランウェディングをすることもできます。

▼株の保有数と優待内容

100株~299株                    1,000円分のお食事券

300株~4,999株                 3,000円分のお食事券

5,000株以上                       5,000円分のお食事券

 

【Dコース】「TLCポイント」の贈呈

TLCポイントは、TOKAIグループのサービスを利用することで貯まるポイントで、ポイントを使って電子マネーへの交換や取扱店での支払いに利用することが可能です。

▼株の保有数と優待内容

100株~299株                    1,000TLCポイント

300株~4,999株                 2,000TLCポイント

5,000株以上                       4,000TLCポイント

なお、Dコースの対象者は、TOKAIグループが提供しているサービスに契約している方かTLC会員のみとなります。

 

対象株主様全員に贈呈

ご紹介した5つの株主優待コースとは別に、株主優待の権利を持つ株主全員にグランディエール・ブケトーカイなどのTOKAIグループ結婚式場にて共通で使用することができる婚礼「10%+10万円割引券(割引上限20万円)」と、「ヴォーシエル」「葵」の「お食事券20%割引券(12枚つづりでのお渡し)」が貰えます。

こちらも、100株以上を保有している株主様が対象です。

 

全コースがWEB申込可能

f:id:libmo:20210301093555j:plain

今までTOKAIホールディングスの株主優待の申込は、株主優待案内と一緒に同封されたはがきから希望している内容を選択して送付するという、少し手間がかかってしまう申込方法でした。しかし、2019年11月からWeb申し込みを開始し、簡単に株主優待の申込ができるようになっています。パソコンからだけではなく、スマホやタブレットからでも申込ができるので外出先でもネット環境が整っていれば申込が可能です。

申込手順としては、まずWebサイトの株主優待専用申し込みページにログインします。サイトへログインすると、氏名・株主番号・現在所有している株数が記載されているので電話番号を入力後、株主優待で選択する項目を選択し次に進みます。最後に株主優待の届け先や配達時間などを設定し、内容の確認と申し込み結果のメールアドレスを指定して次に進めば申込が完了です。

申込完了後は自動で受付完了メールが届くので、確認しておきましょう。

 

まとめ

TOAIホールディングスの株主優待は、100株以上保有している株主様を対象に、毎年3月末と9月末、LIBMOの割引やQUOカードなど5つのコースからお選びいただけます。

5つのコース全てが皆さんの生活に役立つ内容になっていますが、中でもモバイルサービスLIBMOの月額料金割引の適用が受けられるコースがおすすめです。まだ大手キャリアと契約されている方は、この機会に格安スマホサービスの「LIBMO」に乗り換えて通信料を大幅に節約してみてはいかがでしょうか?

≫LIBMO「公式サイト」はこちら

LIBMO BLOGとは?

「LIBMO BLOG」とは、TOKAIコミュニケーションズが運営する格安SIM情報サイトです。
格安SIMやIT・ガジェット系など通信に関する情報を毎週お届けします。

格安SIMってなんだろう?と疑問を抱えている初心者の方から、現在LIBMOを ご利用中の方まで、幅広く役立つ情報を提供していきます。

私たちと"SIMでちょっと素敵なコミュニケーション"してみませんか?