「ドラえもんのひみつ道具、この50年の間にスマホでいくつ実現したのか?」を検証&今後実現しそうなものも予想してみた

 

f:id:libmo:20210308095300j:plain

 

「あんなこといいな〜できたらいいな〜♪」どうも、LIBMO BLOG編集部一番のドラえもん大好き芸人こと、ライター の文(ふみ)です!

 

タケコプターにどこでもドア……夢に溢れたドラえもんのひみつ道具。実は、現代のスマホで実現されている物がいくつもあることをご存知でしょうか?

 

漫画『ドラえもん』が誕生したのは約50年前。携帯電話さえなかった時代から半世紀が経ち、ファンタジーに思えた未来の話が少しずつ現実となってきています。

 

そこで今回は、この50年の間に一体どのくらい「ひみつ道具」がスマホで実現されたのかを編集部で検証してみることに。ついでに、今後スマホで実現しそうなひみつ道具も予想してみました!

 

ドラえもんのひみつ道具。50年間でいくつ実現した?

f:id:libmo:20210308095304j:plain

 

今回、検証するために集まったのは、大山のぶ代さんが声を担当していた頃のアニメ『ドラえもん』を観て育った30代の編集部メンバーたち。子供の頃に欲しかったひみつ道具は、全員グルメ系という食いしん坊チームでお届けします。

 

<登場人物>

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

岡田、LIBMO BLOG 編集長。

子供の頃に憧れたていたひみつ道具は「畑のレストラン」。種を植えるとダイコンができて、そのダイコンを割ると中からできたての温かい料理が出てくるアイテム。その料理が本当においしそうでよだれが出そうでした(笑)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

小針、LIBMO BLOG 副編集長。

僕が好きなひみつ道具は、食べたいものを注文するとなんでも出てくる「グルメテーブルかけ」。子供の頃に“マンガ肉”みたいなごちそうが飛び出してくるシーンを見て、めちゃくちゃ欲しいと思いました。

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

佐藤、LIBMO BLOG サイト設計・構築担当

私が子供の頃、夢中になったひみつ道具は「バイバイン」。薬をかけたモノが5分ごとにバイバイ、つまり2倍ずつ増えていく薬です。お菓子が増やせるのがとても魅力的でした。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

文、LIBMO BLOGライター。今回の企画担当。

子供の頃から好きなひみつ道具は、「フエルミラー」。鏡に映った物が実体化するひみつ道具です。ドラえもんがどら焼きを増やしている姿がとても羨ましくて、真似して鏡の前でお菓子を食べたことがあります(笑)

 

 

あのアイテムも!? ここ50年の間にスマホで実現したひみつ道具

f:id:libmo:20200305114016p:plain

ここ50年間で生まれた「ひみつ道具」ってかなりの数ありますよね。噂によれば、2000個近くあるとかないとか……。どうやって検証しますか?

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

公式サイトの「ひみつ道具カタログ」や『最新ひみつ道具大辞典』、ウィキペディアの情報などを参照しながら手分けしてリサーチしましょう。

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

了解です!

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

あ、検証を始める前にひとつだけ。皆さん「おこのみボックス」というひみつ道具知っていますか?

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

初めて聞きました。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

四角いものならどんなものにでも変化させられるひみつ道具なんです。たとえば音楽プレーヤーにテレビ、ラジオ、カメラ……これって、今のスマホそのままですよね。

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

すごい。34年前に、iPhoneの構想ができあがっていたなんて……!

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

最強のひみつ道具ですよね。おこのみボックスを途中で発見する人が出ると、検証のやる気が下がりそうなので、あえて先に出しました(笑)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

たしかに。そんなマルチなひみつ道具、他にはなさそうだもんな〜。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

では、早速始めましょう!

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

お、早速見つけた!

 

f:id:libmo:20210308095322j:plain

f:id:libmo:20210308100853p:plain

お互いに持っていれば、糸をつながなくても話ができる「糸なし糸電話」。これも、正にスマホのことじゃない?

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

ですね。昔は有線電話が当たり前だったから、こういう発想が生まれたのかと思うと感慨深い!

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

あ、これも実現してる。探している人が近くにいると、矢印がその方向を示してくれる「居所探知機」。スマホのGPS機能と一緒ですね。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

本当だ! 自分の居場所を発信する「SOS発信機」や、バッジをつけた人やモノを専用のレーダー地図で見られる「トレーサーバッジ」もですね。

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

そういう意味だと、「かたっぽ探知リード」もiPhoneを探す機能みたいなもんじゃない? リードを手元にある片方に取り付けると、なくした片方を探してくれるって。

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

そうですね。どんどん出てくるな〜。

 

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

あ、これって加工アプリのことかも! 背景と人物を合成して、あたかも旅先で撮影したように見せかけられる「インスタント旅行カメラ」。

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

40年も前にインスタの闇を予想できていたなんて、藤子先生って本当にすごい(笑)そういえば、有名な「ほんやくコンニャク」はどうですか? Siriや自動翻訳が近いのかなって思いました。

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

お〜、いいですね!

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

そういえば、ほんにゃくコンニャクって、アイス味もあるの知ってますか? コンニャクが苦手でも大丈夫なんです。

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

へ〜! 味のバリエーションなんてあったんだ(笑)

 

f:id:libmo:20210308095246j:plain

アイス味以外に「お味噌味」や「青のり風味」もあるらしい。ちなみに、ドラえもん曰く「味付きは高いから滅多に買えない」とのこと(笑)

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

あ、でもどんな言葉でもペラペラになるわけじゃないから、実現性としてはアウトですかね?

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

ひみつ道具カタログには「どんな言葉でも通じるようになる」と書いてあるから、ギリギリOKにしますか(笑)スマホも早くウェアラブル翻訳端末みたいに、日本語で喋りかけたら外国語で音声翻訳できるようになるといいですね〜。

f:id:libmo:20200305114016p:plain

あ、これもアプリで実現してるんじゃないですか? 採点機能付き「カラオケキング」。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

あ〜それ! ジャイアン級の音痴でも、お世辞レベルに調整すると100点が取れるんですよね。

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

アプリには補正機能はないからな〜。編集長、これギリOKですか?

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

OKと言わそうとしてる感が伝わってくるけど、ナシで(笑)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

…ク●……。

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

何か言った?(笑)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

イヤ、ナンデモナイデス!

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

よし、これでリサーチしたひみつ道具はすべて検証できましたね。それでは、結果を発表します!

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

グララララララララララ〜!

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

ちょっと待って、全然ドラムロールに聞こえない(笑)それを言うなら、ダララララ〜っていう感じじゃないですか?

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

え、そうかな〜。じゃあ気を取り直して。ダラララララ〜!じゃん!

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

スマホで実現しているひみつ道具は、全部で8個でした!(前振り長かったな……)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

うーん、意外と少なく感じるね。

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

ドラえもんは22世紀からやってきたロボットだから、2021年時点で8個も実現してるなんて、すごいことなのでは?

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

言われてみれば、たしかに!

 

 

今後スマホで実現しそうな「ひみつ道具」を予想してみた

 

f:id:libmo:20210308095250j:plain

f:id:libmo:20200508095700p:plain

ここからは、今後スマホで“実現しそうな”ひみつ道具を考えていきましょう。

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

なんか、こういうのを考えるのってワクワクしますね〜!

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

僕は「観光ビジョン」が実現できそうだなと思う。緯度と経度を指定するだけで、その場の立体映像が流れるひみつ道具なんだけど、Google MapとVR機能を掛け合わせたらできそうじゃない?

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

お〜!本当に近い将来実現しそうですね。

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

似たようなひみつ道具で、旅先の立体映像を部屋にいながら楽しめる「室内旅行機」っていうのもあるみたいですね。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

コロナ渦で旅行に気軽に行けなくなっちゃったから、VRで気分だけでも味わえるのはいいですね〜。

f:id:libmo:20210308095253j:plain

VR旅行が実現したら、北極やアマゾンなど、どこでも好きな場所へ旅できるかも……!?



 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

私は「立体コピー紙」が実現しそうだなと思います。紙の上に物を乗せると立体的な複製品が紙から出てくるひみつ道具なんですが、3Dプリンターがもっとコンパクトになってスマホに搭載されたらいけそうじゃないですか?

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

たしかに! 大きなものじゃなくても、家の鍵のスペアとかつくれるようになったら便利だよね。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

あ、それできたらめちゃくちゃ便利ですね。私は、「トモダチロボット“ロボ子”」が、いけるんじゃないかなと思います。

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

あ〜知ってる! 特定の相手を好きになるようにセットすると、どんな行動でもおだててくれるロボットだよね(笑)?

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

そうです。もっとAIの技術が進化したらフレンドリーに会話ができるようになりそうだし、Siriが自分のことを好きになるなんて設定もできるようになりそうですよね。

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

それは色々需要がありそう(笑)

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

調べた限りでは、実現しそうなひみつ道具はこれくらいですかね。

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

そうだね。うーん、ちょっと記事として物足りなくない?

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

じゃあ現実的な話は一旦置いといて、実現して“ほしい”ひみつ道具について話してみませんか?

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

いいね! 僕は絶対「タイムマシン」。歴史好きなので、大政奉還前の江戸時代にタイムスリップしてみたい。

 

f:id:libmo:20210308095256j:plain

皆さんは過去と未来、どっちに行ってみたいですか?



 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

やっぱり、タイムマシンは憧れますよね〜!

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

あ、でも江戸時代は侍だらけで怖いから……。できれば道端の石みたいに誰の目にも留まらなくなる「石ころぼうし」を一緒に持っていきたいな〜。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

もう、ドラえもんがいるかのような設定になってるじゃないですか(笑)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

僕は同じタイムマシンでも「自動販売タイムマシーン」が実現してほしい。今より物価の安い時代を選べば、めちゃくちゃ安く買えるんです。

 

f:id:libmo:20210308100214p:plain

いいですね。私は「きせかえカメラ」かな。服の写真や絵をいれてシャッターを切ると、その服に一瞬で着替えられるひみつ道具です。最高じゃないですか?

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

最高ですね! 私も「きせかえカメラ」が実現してほしいです。できれば、ヘアメイクもスキャンしてできたらいいのにな〜。一瞬でもいいから、ドラえもんが22世紀からやってきて技術提供してほしい(笑)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

いやいや、そもそもドラえもんなんていn……痛ッ!!

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

小針さん、子供の夢を壊す発言をすると、激痛足ツボマッサージの刑ですよ(笑)

 

f:id:libmo:20200305114016p:plain

シ、シツレイシマシタ。

 

f:id:libmo:20210308100853p:plain

まーでも、現時点で既に実現しているひみつ道具があるんだから、きっと5年後、10年後にはもっとドラえもんの世界が身近に感じられるようになっているんだろうね。

 

f:id:libmo:20200508095700p:plain

未来が楽しみですね!

 

※今回の検証について

ひみつ道具は映画などで毎年新作が登場するため、今回の検証では調べきれなかったアイテムもあるかもしれません。その点、ご理解をいただけると幸いです。

 

検証の結果、ドラえもんの世界がだんだん現実になってきていた!

 

現代のスマホでは、すでに8つのひみつ道具が実現していたことがわかった今回の検証。それらの多くが、携帯電話も誕生していない昭和の時代に考えられたアイテムであることに驚きです。もしかして、『ドラえもん』の原作者である藤子・F・不二雄先生は預言者だったのでは……(笑)

 

どこにいても通話ができて道案内をしてくれて、喋れない外国語の翻訳もしてくれる。さすがの藤子先生も、1台ですべてが解決する「おこのみボックス」以上に高性能なスマホの登場は予測できなかったのかもしれません。

 

そんな便利すぎるスマホを今は格安で使えるラッキーな時代。画面の前の皆さんも、LIBMOで令和のひみつ道具をお得に使いこなしませんか?

 

▷格安SIMのLIBMOをチェックしてみる!

https://www.libmo.jp/

 

LIBMO BLOGとは?

「LIBMO BLOG」とは、TOKAIコミュニケーションズが運営する格安SIM情報サイトです。
格安SIMやIT・ガジェット系など通信に関する情報を毎週お届けします。

格安SIMってなんだろう?と疑問を抱えている初心者の方から、現在LIBMOを ご利用中の方まで、幅広く役立つ情報を提供していきます。

私たちと"SIMでちょっと素敵なコミュニケーション"してみませんか?