プランも機種も迷わない!LIBMOの「一択モバイル」で超シンプルにスマホを使おう

f:id:libmo:20220323184837p:plain

大手通信キャリアや格安SIMの間で競争が激しくなり、さまざまな機種・プランを選択できる現代。良いことのように思いますが、どれを選べば良いのかわからないという悩みの声もよく聞かれます。

そこで格安SIMサービス「LIBMO(リブモ)」では、新たなサービスとして「一択モバイル」をスタートしました。

一択モバイルの何が他の格安SIMと異なるのか、いったい何が「一択」なのか、その概要と特徴を詳しくご紹介します。

 

LIBMOとは?

かつては大手通信キャリアが独占していた携帯電話市場ですが、規制緩和によって自社で通信設備を持たないかわりに通信サービスを安く提供する「格安SIM」サービスが誕生しました。格安SIMは、大手キャリアと遜色ない通信サービスを格安で提供していることから、急激に人気が高まっています。

TOKAIコミュニケーションズが提供する「LIBMO(リブモ)」も格安SIMの一つで、高品質かつ低価格なコスパの良さが特徴です。

LIBMO公式ページはこちら

 

一択モバイルとは?

f:id:libmo:20220323184837p:plain

一択モバイルは、主にスマホデビューの方やスマホ初心者の方に向けて、「通信サービス」と「スマホ購入」をまとめたサービスです。「中高生の子供にスマホを持たせたい方」「両親にスマホを持ってもらいたい方」「電話・LINE・ネットができれば問題ない方」などをターゲットに、機種・料金・サービスを「ひとつ」に絞って提供しています。

提供している機種はMotorola(モトローラ)の「moto e7」。

料金は月額980円(税込)、データ容量(料金プラン)は3GBです。

選択肢をとことん減らして、プランや機種選びに慣れていない方にも分かりやすいサービスとなっています。

一択モバイルのお申し込みはこちら

 

一択モバイルで1円で買える「moto e7」とは?

f:id:libmo:20220323184843j:plain

一択モバイルで提供しているMotorola「moto e7」は、中国レノボグループ傘下のモトローラ・モビリティが開発したスマートフォンです。

低価格帯のスマートフォンですが、大容量バッテリーや高画素数カメラなど、普段使いには十分な性能を持っています。一択モバイルでは機種をMotorola「moto e7」に絞り、本体価格1円で提供中です。

 

「moto e7」の特徴

Motorola「moto e7」について詳しくご紹介します。

まず、日常の使用に大きく影響するバッテリーですが、moto e7は4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。これはiPhone13より1割以上多く、余裕を持って1日使える容量です。

また、画面サイズは6.5インチの大画面で、動画の視聴にも最適。

カメラは4,800万画素と200万画素のデュアルカメラ構成で、ポートレートモードや夜景モードなど様々な撮影モードを備えており、手軽に綺麗な写真を撮影することができます。

さらに本体背面に指紋認証センサーを備えている点もポイントです。マスクが手放せない現在においても、便利かつ安全にスマホを利用できます。

このように、moto e7は低価格でも普段使いに必要な機能を取り揃えた、魅力的な機種に仕上がっています。

以下、スペックをまとめてご紹介します。

 

名称

moto e7

メーカー

モトローラ・モビリティ

本体サイズ(高さ×幅×厚さ)

約164.93mm×約75.73mm×約8.89mm(最薄部)

OS

Android 10

SoC

Mediatek Helio G25 オクタコア(2.0GHz)

メモリ容量

RAM:4GB

ROM:64GB

カメラ

アウトカメラ:

約4,000万画素(メインカメラ)、約200万画素

インカメラ:

約500万画素

バッテリー容量

約4,000mAh

USB端子

Type-C

本体重量

約180g

ディスプレイ

約6.5インチ(IPS液晶)

解像度

1,600×720ドット(HD+)

生体認証システム

指紋認証

カラーバリエーション

サテンコーラル、ミネラルグレー

 

通常2万円弱の「moto e7」が1円で買える

普段使いに十分な性能を持ったmoto e7を、一択モバイルでは本体価格1円で購入することが可能です。

メーカー直販や競合の格安SIMでは2万円弱するため、一択モバイルのこの価格はコストパフォーマンスの高さが光ります。

機種は選択できませんが、ターゲットである初心者やスマホデビューには必要十分な機能は有しているため、非常にお得だと言えるでしょう。

 

moto e7の詳細はこちら

※こちらのページからのご購入は「一択モバイル」のサービスが適用されません

 

一択モバイルは「月額料金980円」で使える!

f:id:libmo:20220323184815j:plain

一択モバイルは、契約時に初期費用として3,300円(税込)がかかりますが、その後は月額料金980円で利用できます。もちろん端末分割代金などはかかりません。

通話料は別途かかりますが、通話はLINEなどで済まされる方は月額980円のみでスマホを持つことができます。

もし通話料が気になるという方は、後でご紹介する通話定額オプションがおすすめです。

データ専用SIMではなく、音声通話機能付きSIMを月額980円で持てるのは、非常にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

 

月額980円は他社に比べて安い?比較してみた

一択モバイルの「月額980円」がどれくらいお得なのか、実際に他社と比較してみました。全て音声通話機能付きSIM、データ容量は3GB、税込みの月額金額です。各種キャンペーンやセット割引、期間限定の割引などは含まない金額での比較です。

 

格安SIM

月額料金(税込) 音声通話機能付き・3GB

一択モバイル

980円

LINEMO

990円

UQ mobile

1,628円

Y!mobile

2,178円

OCN モバイル ONE

990円

AEON MOBILE

1,078円

exite モバイル

1,210円(Flatプラン)

BIGLOBE

1,320円

日本通信SIM

1,738円(Wスマートプラン)

 

もっとも月額料金の高いY!mobileと比較すると、半額以下でスマホが持てることが分かりました。

一択モバイルの「月額980円」は非常にコストパフォーマンスの高い料金プランと言えるでしょう。

 

月々のデータ通信容量は「3GB」

f:id:libmo:20220323184817j:plain

一択モバイルのデータ通信容量は月々3GBです。

競合他社では1GBや2GB、4GB、5GBなどの料金プランも用意されていますが、一択モバイルは3GBに固定されています。

この3GBという容量、ネット検索やLINE、SNSなど、必要なデータ通信量が少ないサービスの利用なら概ね問題ないデータ容量と言えるでしょう。

 

3GBでどのくらいのコンテンツが楽しめる?

データ容量3GBでは、どのくらいスマホを楽しむことができるのでしょうか。主要なSNSやコンテンツが、実際どの程度利用できるのかをご紹介します。

 

<メッセージ・通話>

・LINEトーク:(文字のみ)約150万回、(画像やスタンプ)約60万回~120万回

・LINE通話:(音声通話)約97時間、(ビデオ通話)約4時間半

 

<SNS>

・Twitter(画像閲覧・動画視聴含むタイムラインの確認):約10~12時間半

・Instagram(画像閲覧・動画視聴):約3~6時間

・TikTok(動画視聴):約5時間半

※TwitterやInstagramは動画の視聴を抑えればさらに時間を伸ばせます。

 

<動画・音楽>

・YouTube(動画ストリーミング):(標準画質)約5時間、(高画質)約3時間

・Netflix(動画ストリーミング):(標準画質)約2時間、(高画質)約1時間半

・Spotify(音楽ストリーミング):(標準音質)約58時間、(高音質)約38時間半

 

ご覧の通り、LINEでのメッセージや音声通話、軽いSNSの利用であれば3GBでも十分楽しめることが分かります。

一方で、動画ストリーミングサービスは数時間程度しか利用できない点や、SNSでも動画コンテンツを多く視聴すると利用可能時間が短くなる点には注意しましょう。外出先ではメッセージのやり取りや軽いSNSの確認のみにして、動画コンテンツは自宅のWifi環境で楽しむようにするなど、工夫が必要です。

 

Webページの閲覧やメールがどのくらいできるかについては下記でご紹介していますので、併せてご覧ください。

データ通信量の目安はこちら

 

容量が足りないときはプラン変更も可能

f:id:libmo:20220323184820p:plain

一択モバイルはデータ容量3GBのプランしか存在しません。

しかし、容量が足りなくなった場合には、LIBMOが提供している他のプランに変更することも可能です。

最初から3GB以外での契約をご希望の場合は、一択モバイルではなく、8GB、20GB、30GBといったLIBMOの各種通常プランの利用をおすすめします。

 

LIBMOの通常料金プラン「なっとくプラン」の詳細はこちら

 

一択モバイルはどんな人におすすめ?

f:id:libmo:20220323184823j:plain

ここまでご紹介した通り、一択モバイルは料金プラン・データ容量・端末・サービスをひとつに絞った個性的な格安SIMサービスです。

料金プランは月額980円(税込)、データ容量は3GB、端末はMotorola moto e7、音声通話機能付きSIMのみの提供です。

大手通信キャリアや従来の格安SIMは、幅広い選択肢が用意されている一方「料金プランが複雑」であったり「どの端末を選べば良いか分からない」など、スマホ初心者には難しい印象を与えています。

一方、一択モバイルでは全てを「一択」にすることで、スマホ初心者にやさしい格安SIMとなっています。

中高生のスマホデビューや高齢の両親へのプレゼント、電話やLINE・インターネットができれば問題ない方、サブスマホを持ちたい方に最適なサービスです。

 

一択モバイルのお申し込みはこちら

 

一択モバイルの気になるポイントを解説

f:id:libmo:20220323184826j:plain

一択モバイルは個性的な格安SIMサービスですが、いざ使うとなると疑問点もいくつか出てくるでしょう。

この章では「どうしてこんなに安いのか」「今の電話番号は引き継げるのか」「最低契約期間はあるのか」「通話代が心配だけど通話定額オプションはあるのか」など、気になるポイントを一つひとつ解説します。

 

なぜこんなに安い?

一択モバイルを含むLIBMOの通信サービスは、自社でネットワーク設備を持たずに大手通信キャリアからネットワークを借り受けて運営されています。ネットワークの拡張やメンテナンスのコストがかからないため、比較的安価でサービスを提供することができます。

一択モバイルとLIBMOはNTTドコモのネットワークを借り受けているため、低価格でありながらNTTドコモと遜色ない通信エリア・通話品質でご利用頂くことができます。

 

今使っている電話番号をそのまま使えるか?

MNP(ナンバーポータビリティー)という制度を利用することで、今お使いの電話番号を一択モバイルでも引き続き利用することができます。

 

【MNPの手順】

(1)現在ご利用中の通信事業者で「MNP予約番号」を取得します。

大手通信キャリアであれば専用電話窓口やオンライン窓口が用意されているため、わざわざ店頭まで足を運ぶ必要はありません。

発行にかかる時間については、大手キャリアは即日での発行が可能ですが、格安SIMは会社によって数日かかる場合があります。他の格安SIMからのMNPを検討されている場合は、時間に余裕をもって手続きを進めましょう。

 

(2)MNP予約番号が取得できたら、有効期限内に一択モバイルの「申込情報入力画面」にて予約番号を入力してください。

MNP予約番号の有効期限は15日です。ただし、一択モバイルとの契約時に有効期限が8日以上残っている必要があるため、MNP予約番号を取得したら早めに一択モバイルとの契約を済ませましょう。

 

以上の手続きで、一択モバイルでも今の電話番号を引き続き利用することが可能です。

 

契約期間は?

利用開始から1年以内に解約した場合、契約解除料として9,500円(税込10,450円) がかかります。

音声機能付きSIMの場合、多くの格安SIMで最低利用期間が設定されており、その期間内に解約すると違約金が発生します。違約金がかからなくても、MNP転出手数料が発生する場合があるので注意が必要です。

一方、1年以降の解約には契約解除料などはかからないため、長期の利用を考えている方はあまり気にする必要はありません。

 

通話料を抑えるオプションはある?

f:id:libmo:20220323184829p:plain

一択モバイルには3つの国内通話定額オプションが用意されています。オプションの申し込みが無い場合は30秒ごとに21円の通話料がかかります。ビジネスなどで通話を多用される方はオプションの契約を検討すると良いでしょう。

 

5分かけ放題

月額550円で1回5分までの国内通話が何度でもかけ放題(5分超過時は11円/30秒)

10分かけ放題

月額770円で1回10分までの国内通話が何度でもかけ放題(10分超過時は11円/30秒)

かけ放題マックス

月額1,430円で国内通話がかけ放題(連続通話時間が2時間に達すると通話が自動切断されます。通話を継続する場合はかけ直しが必要です)

 

LIBMOではスマホ大特価セールも開催中

f:id:libmo:20220323184832p:plain

※画像は記事公開時点のラインナップです

 

一択モバイルの提供元であるLIBMOでは、現在スマホ大特価セールを開催中です。今回ご紹介した「Motorola moto e7」だけでなく、「OPPO Reno5 A」や「SHARP AQUOS sense6」「SHARP AQUOS sense4」など盛りだくさんのラインナップです。価格は1円か~16,560円と、市場価格より大幅に安い金額となっています。

より高性能な機種をなるべく安く購入したい方は、この機会にぜひご検討ください。

 

スマホ大特価セールについて詳しくはこちら

 

まとめ

今回はLIBMOが新たにスタートした格安SIMサービス「一択モバイル」をご紹介しました。

一択モバイルは料金プラン・データ容量・端末・サービスを一択にすることで、スマホ初心者にも分かりやすいサービスとなっています。「普段電話やLINE・インターネットしかされない方」「サブスマホを持ちたい方」「スマホデビューされたい方」「なるべく月額料金を抑えたい方」におすすめのサービスです。

ぜひ新サービスで、お得なスマホライフを叶えてくださいね。

一択モバイルのお申し込みはこちら

LIBMO BLOGとは?

「LIBMO BLOG」とは、TOKAIコミュニケーションズが運営する格安SIM情報サイトです。
格安SIMやIT・ガジェット系など通信に関する情報を毎週お届けします。

格安SIMってなんだろう?と疑問を抱えている初心者の方から、現在LIBMOを ご利用中の方まで、幅広く役立つ情報を提供していきます。

私たちと"SIMでちょっと素敵なコミュニケーション"してみませんか?