30GBのデータ通信があれば何ができる?実際に検証して確かめてみた!

f:id:libmo:20200817100050j:plain

 

インターネット上にさまざまなWebサイトやアプリが溢れている現在、スマートフォンやタブレットなどでデータ通信を行うユーザーは増えつつあります。ユーザー1人当たりのデータ通信量も年々伸びている状況であり、実際に大容量の通信プランを必要としている人は多いのではないでしょうか。しかし、大容量プランは月額使用料が高くなる傾向があるため、なるべくプランの料金を抑えたいと考えている方もいるでしょう。

そこで当記事では、30GBのデータ容量で行えることをコンテンツ別に検証し、30GBでも安く利用できる格安SIMのLIBMOをご紹介します。

 

 

30GBでできることを実際に検証してみた

f:id:libmo:20200817100055j:plain

まずは、30GBのデータ容量でどういったことがどの位できるのか、実際に検証した結果をコンテンツの種類別に紹介していきます。なお、紹介している数値はいずれも一例であり、アプリの種類や端末の設定などによって実際に必要なデータ容量は異なります。

今回は、各コンテンツを一定時間利用し、その間に消費したデータ通信量を計測する形で、30GBあればどのくらい各コンテンツが楽しめるのかを算出しています。

使用した端末:HUAWEI nova lite 3
使用した通信サービス:LIBMO 通話機能付きSIMカード(30GBプラン)
通信データ量の計測:アプリ「通信量モニター」を使用

 

動画コンテンツ

動画アプリを用いて動画を見る場合、画質によって必要な通信容量は異なってきます。

 

Youtube

 

画質

30分の再生でのデータ消費量

1GBあたりの再生可能時間(推定)

30GBあたりの再生可能時間(推定)

標準画質(480p)

155MB

約3時間

50時間

HD画質(720p)

516MB

約1時間

30時間

 

Youtubeの場合、標準画質(480p)であれば1GBあたり約1時間40分、HD画質であれば1GBあたり約1時間の動画を閲覧できます。30GBに換算すると、標準画質は約50時間、HD画質は約30時間にわたって動画を閲覧することが可能です。

 

Netflix

 

画質

30分の再生でのデータ消費量

1GBあたりの再生可能時間(推定)

30GBあたりの再生可能時間(推定)

標準画質

652MB

45分

23時間

高画質

1,020MB

30分

15時間

 

Netflixを用いて動画を見る場合、標準画質であれば1時間あたり1GB、HD画質であれば1時間あたり3GBの通信容量が必要です。つまり、30GBで標準画質は30時間、HD画質は10時間閲覧できます。

 

U-NEXT

 

画質

1GBあたりの再生可能時間(推定)

30GBあたりの再生可能時間(推定)

低画質

4時間半

135時間

高画質

30分

15時間

 

最後に、U-NEXTを用いて動画を見る場合、低画質であれば1時間あたり225MB、高画質であれば1時間あたり2GBの通信容量が必要です。つまり、30GBをすべて活用すると、低画質であれば約166時間、高画質であれば約15時間にわたって動画を閲覧できます。

 

音楽ストリーミング

Spotify

 

音質

30分の再生でのデータ消費量

1GBあたりの再生可能時間(推定)

30GBあたりの再生可能時間(推定)

96kbps

26MB

19時間

577時間

160kbps

39MB

13時間

385時間

 

音楽ストリーミングについては、筆者が登録しているSpotifyをもとにしています。

音質が96kbps(標準音質)であれば1GBで約20時間、30GBで約600時間(25日)音楽を視聴できます。音質が160kbps(高音質)であれば1GBで約13時間、30GBで約390時間(約16日)視聴可能です。

音質の高さとデータ容量の大きさは比例しているので、通信容量を抑えたい場合は音質を低くして聞くなどの工夫が必要です。

また、利用する通信サービスに「節約モード」が備わっている場合は、そちらを利用するのもおすすめです。節約モードでは、通信速度を抑える代わりにデータ容量を消費しないようにできます。この場合でも音楽のストリーミング程度の通信であれば、音質にもよりますが問題なく行えるため、データを消費せずに音楽を聞くことが可能になります。

なお、アプリの種類によっては無料広告が読み込まれることでデータ容量が消費されるケースもあるので、注意が必要です。

 

SNS

続いてSNSの通信量を見ていきましょう。

SNSで使うデータ通信量は個人の使い方による差もかなり大きいので、実際にSNSを利用する際は定期的にデータ容量の使用状況を確認しながら利用することをおすすめします。

 

Twitter

 

1GBあたりの再生可能時間(推定)

30GBあたりの再生可能時間(推定)

4時間10分

125時間

 

Twitterで動画や画像をある程度閲覧しながら利用する場合、1GBで4時間10分ほど閲覧できます。つまり、30GBをフルに使うことでTwitterは125時間ほど利用可能です。

 

Instagram

 

1GBあたりの再生可能時間(推定)

30GBあたりの再生可能時間(推定)

1時間10分〜2時間20分

30時間〜60時間程度

 

そして画像や動画がメインとなるInstagramでは、1分あたり約7MB~約14MBの通信量を消費します。したがって、1GBでInstagramを閲覧できる時間は約1時間10分~約2時間20分です。30GBでは、約35時間~約70時間閲覧できるという計算になります。

 

TilTok

 

1GBあたりの再生可能時間(推定)

30GBあたりの再生可能時間(推定)

約2時間

55時間半

 

TikTokを利用する場合、1時間あたり約540MBの通信容量が必要になります。30GBに換算すると、約55時間半にわたって動画を閲覧することが可能です。

 

モバイルゲーム

モバイルゲームを利用する場合、ゲームの種類や設定などで通信容量は大きく異なります。

あくまで目安ですが、1時間で1.2MB~60MBほどのデータ容量が必要です。

30GBをすべてゲームで消費するのであれば、500時間~25,000時間ほどかかる計算になります。

ただし、モバイルゲームの種類によっては、アプリ本体のダウンロードやシステムアップデートによるデータ通信が必要になることがあります。頻繁にアップデートが行われるアプリの場合、ユーザーが気づかない間にデータ容量を使っている場合があるので注意が必要です。

通信量を抑えたい場合、WiFiを活用したり、自動更新を行わないように端末の設定を変えたりするなどの工夫をすることをおすすめします。

 

検証結果まとめ

実際に1ヶ月30GBのデータ容量があれば、動画やSNSなどを1日何分ほど閲覧できるかを改めて検証、および紹介していきます。

 

1日1GBとすると…?

1ヶ月を30日とすると、30GBプランで1日に利用できるデータ容量は1日1GBになります。

この1GBで楽しめる各コンテンツの量をまとめると、以下のようになります。

 

 

1GBで利用できる時間(標準画質・標準音質の場合)

【動画】YouTube

約3時間

【動画】Netflix

45分

【動画】U-NEXT

4時間半

【音楽】Spotify

19時間

【SNS】Twitter

4時間10分

【SNS】Instagram

1時間10分〜2時間20分

【SNS】TikTok

約2時間

モバイルゲーム

16時間以上

 

アプリの種類にもよりますが、音楽やモバイルゲームはデータの消費量が少なく、1日1GBは余裕のあるデータ容量です。一方で動画やSNSはデータ容量の消費が早く、画質や設定次第では1日1時間ほどで1GBに到達します。実際にはメールやブラウザなど複数のアプリを並行して利用することもあるため、日によっては1日1GB以上通信しているユーザーも一定数います。

MM総研が2020年5月に実施した調査によると、スマートフォンユーザーが1ヶ月に使う平均データ通信量は6.94GBです。調査対象者のうち2割弱は月間10GB以上のデータ通信をしていることから、日によっては1日1GB以上の通信を行うユーザーは少なからずいるということが読み取れます。

参考:https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=418

 

近年は、新たな通信規格や高画質の動画コンテンツなどが次々と登場しています。そのため、コンテンツの品質向上に伴い、お得な大容量プランを提供する通信業者も近年増えつつある状況です。

 

30GBのデータ通信量が必要な人とは?

2020年現在、月間30GBの通信容量を必要とするのは、1日に数時間動画やSNSを閲覧したり、複数のモバイルゲームを長時間遊んだりするユーザーです。また、ネットサーフィンを趣味にしている、スマートフォンやタブレットを用いてよく映画を見るといった使い方をする人も、月間30GBのデータ通信量が必要となります。

その他、スマートフォンのテザリング機能を活用している人は短時間の利用でもデータ通信量が増えやすいので、30GBのデータ容量を使い切ることも珍しくありません。PC版のWebサイトや動画サイトはスマートフォン版よりデータ容量が大きい傾向があるので、テザリング機能を使う際はデータ容量の使用状況に細かく注意を払っておくことをおすすめします。特にパソコンのシステムアップデートやコンテンツの同期などはデータ容量を大きく消費するので、テザリング機能を用いる場合は自動同期や自動アップデートの設定を無効にしておくようにしましょう。

月間30GBの大容量プランの月額利用料を抑えたいのであれば、格安料金で契約できる通信業者を探すところから始める必要があります。次章では、30GBの通信プランを格安で提供している通信業者をご紹介します。

 

LIBMOは大容量のデータ通信もお得!

格安SIMのLIBMOは、大容量のデータ通信プランをお得な料金で利用できます。通常の30GBプランは月額6,580円ですが、一定の条件を満たしている人であればキャンペーン価格でLIBMOの30GBプランを契約可能です。ここでは、LIBMOの割引キャンペーンについて具体的に説明します。

 

ふたりで使うなら「TLCプラス」がおすすめ

2人で通信容量をシェアして利用したい場合、LIBMOの「TLCプラス」のご利用がおすすめです。

 

TLCプラス

SIMカードの組み合わせ

月額料金

音声通話機能付きのSIMカードとSMS機能付きのSIMカード

4,980円(税別)

音声通話機能付きのSIMカード2枚

5,680円(税別)

「TLCプラス」は、30GBプランをお得な料金で利用できるプランです。

音声通話機能付きのSIMカード2枚、もしくは音声通話機能付きのSIMカードとSMS機能付きのSIMカード1枚ずつの組み合わせのどちらかのタイプを選ぶことができます。

音声通話機能付きのSIMとSMS機能付きのSIMを1枚ずつなら月額4,980円、音声通話機能付きのSIMを2枚契約する場合は月額5,680円で利用可能です。

どちらの組み合わせの場合も、データ通信容量は2枚で30GBを共有することとなります。おおよそ1枚15GBずつとして分け合って使うのもよいですし、一方の利用者がほとんどデータ通信を使わない方であれば、もう片方の利用者が30GBのほぼ全部を使うといった使い方も可能です。

この「TLCプラス」の割引ですが、TOKAIグループが提供する各種サービスの利用者、もしくは「TLC会員サービス」の利用者を対象としています。このうち「TLC会員サービス」は、入会費・年会費ともに無料でどなたでも加入することができるサービスのため、TOKAIグループのサービスを現在使っていないという方でも、こちらに加入すれば手軽に「TLCプラス」の割引を受けることが可能です。

また、「TLCプラス」では、2枚のSIMカードと30GB分のデータ容量プランをお得に利用できるだけでなく、全国15万スポット以上の公衆WiFiを利用できる「LIBMO WiFi by エコネクト」というサービスも無料で利用可能です。

ちなみに「TLCプラス」で利用できる月間30GBの通信容量は、1ヶ月間の使い切り、つまり翌月には繰り越せません。したがって、ちょうど1ヶ月で30GBを使い切るというのが最もお得な使い方です。

 

「TLCプラス」について、詳しくはこちらの公式ページもご覧ください。
https://www.libmo.jp/campaign/tlcwari/

 

「TLCプラス」はひとりで使うことも可能

f:id:libmo:20200817100100p:plain

動画アプリやSNSを頻繁に使う人であれば、ひとりで「TLCプラス」を契約する方法もおすすめです。SIMカードを2枚契約することが割引キャンペーンの適用条件となっているので、ひとりで契約しても、複数人で契約しても同じ月額料金でLIBMOの通信サービスを利用できます。

LIBMOで契約したSIMカードは、スマートフォンはもちろん、タブレットなどのWiFi端末にも適用可能です。LIBMOユーザーが所有しているタブレット端末やゲーム機などをWiFi端末に接続すれば、複数の端末で30GBのデータ容量を自由にシェアできます。

なお、ひとりで「TLCプラス」を契約した場合でも、1ヶ月に利用できるデータ容量は合計30GBです。もちろん、通常の30GBプランよりも月額料金は安いので、大容量プランを安く契約したい方に非常におすすめできるキャンペーンとなっています。

 

学生なら「学生支援30」がお得!

f:id:libmo:20200817100105p:plain

LIBMOの「学生支援30」は、一定の条件を満たしている人を対象として、30GBプランを月額2,280円で利用できる1人向けの割引プランです。SMS機能を付加する場合は月額2,420円、音声通話機能を付加する場合は月額2,980円でサービスを利用することが可能です。さらに、「LIBMO WiFi by エコネクト」を無料で利用できる特典も受けられます。

 

「学生支援30」利用時の月額料金

データ通信専用SIMカード

2,280円

SMS機能付きSIMカード

2,420円

音声通話機能付きSIMカード

2,980円

※表内は全て税別

 

「学生支援30」は、オンライン授業の受講に必要なデータ容量を確保することを目的として立ち上げられた料金プランです。オンライン授業は一般の動画アプリを用いて実施する学校が多く、月間30GBが利用できる「学生支援30」は1台で1ヶ月分のオンライン授業を充分にカバーできる通信プランです。「学生支援30」では通信容量の持ち越しができないので、1ヶ月で30GBを使い切ることが効率的な使い方です。データ容量の使い方はもちろん自由なので、オンライン授業やネットサーフィン、音楽鑑賞などにデータ容量を振り分けることができます。

1度「学生支援30」を契約した後は、端末の使用者が24歳になった翌年の3月31日を迎えるまで継続的に割引を受けられます。割引条件を満たしている限りは契約時から解約まで月額料金が変わることはありません。

ただし、SIMカードの使用者が20歳未満である場合は、直接契約は行えません。20歳未満の人が端末の利用契約を行いたい場合は、申込者の親が代理で利用契約を行う必要があります。

 

「学生支援30」について、詳しくはこちらの公式ページもご覧ください。
https://www.libmo.jp/campaign/gakusei30/

 

まとめ

30GBというのは、動画コンテンツやSNSは1日3時間、音楽やモバイルゲームであれば毎日頻繁に利用しても問題ない程度のデータ容量に相当します。格安SIMのLIBMOでは、月30GBの通信プランを格安料金で利用可能です。さらにお得な料金で利用できる割引プランも複数提供されているので、大容量のデータ通信を行いたい方はSIMカードの契約先としてLIBMOを検討されてみてはいかがでしょうか。

LIBMO BLOGとは?

「LIBMO BLOG」とは、TOKAIコミュニケーションズが運営する格安SIM情報サイトです。
格安SIMやIT・ガジェット系など通信に関する情報を毎週お届けします。

格安SIMってなんだろう?と疑問を抱えている初心者の方から、現在LIBMOを ご利用中の方まで、幅広く役立つ情報を提供していきます。

私たちと"SIMでちょっと素敵なコミュニケーション"してみませんか?